カリスマ整体師が語る他にはない健康情報

他にはない健康な体の作り方!あなたのどこにいっても治らない不調の原因解決を20念以上の整体鍼灸マッサージ気功などの実戦経験から様々な角度でサポート東洋医学や西洋医学からの多彩な知識や技術からあなたを健康へ導く!

4つの流産の予防方法

流産を防ぐためにできることがあります

妊娠12週(妊娠初期)の防ぎようのない流産以外は、異常を感じてすぐに対応すれば防げる流産もあります。ここでは流産の特徴や防ぎ方など詳しく説明しているので参考にしてみてください。

流産のとくちょ特徴

  • 休んでもお腹の鍼が治らない
  • 出血がある
  • 胎動を感じなくなった
  • おりものが量が多い、匂いがきつい、茶色っぽい

妊娠の初期は絨毛膜化血腫など胎盤が作られる過程で起きる事があり、少しの事でも出血することは多いので、心配しすぎる必要はありませんと言われます。ただ、自分で判断するのは難しいので念のため病院へ行かれることをお勧めします。早く異常に対象することで防げる流産もあります。

流産の予防方法1 妊婦健診を受ける

妊婦健診は赤ちゃんが正常に育っているか、お母さんの体に異常がないかを診察し、妊娠中の生活を安全に過ごすために必要です。病因は時間がかかるので嫌煙しがちですが流産予防には大切な事なので時間を作りましょう。

妊婦健診で予防できる流産のリスク

  • 妊娠糖尿病の有無が分かり、コントロールしやすくなる
  • 膣炎や頸管炎などの感染症の早期発見
  • 子宮頚長の短縮の発見(子宮頸管無力症など)
  • 子宮筋腫など、子宮内の異常が分かり管理しやすくなる

仕事や家事など忙しい場合や諸事情があり妊婦健診を受けていないお母さんもいますが、流産を防ぐためには、少しでも早く異常を発見して対処することが重要です。

流産の予防方法2 過労や激しい運動は避ける

妊娠12週以降の流産は母体側の原因が多くなります。 日々の、過労やストレスは流産のリスクを高めるため、妊娠中は体も心も無理しないようにしましょう。

流産のリスクを高める過労とストレス

  • 重い荷物の上げ下げ
  • プレッシャーのある仕事
  • 立ちっぱなしの仕事
  • 厳しいクレーム対応の仕事
  • お腹を圧迫する体勢
  • 言いたいことを我慢しすぎる
  • はげしい性生活

妊娠中でも生活の為仕事をしなくてはいけないし、周りの人に迷惑をかけられないというお気持ちも分かります。ですが流産をされた方は「あの時無理をしなければ良かった…」と後悔されている場合が多いです。
仕事の考え方として男女雇用機会均等法第13条で、妊娠中は医師等の指導に基づき、企業は、妊婦の勤務の軽減や勤務時間の短縮、休業等を取らせることが義務付けられています。
上記の事で今後が心配な方もおられると思いますが 男女雇用機会均等法第9条により、母子保護措置を受けたことで解雇や不利益な取り扱いを受けることは、禁止されています。詳しい内容は厚生労働省委託 母性健康管理サイト「妊娠・出産をサポートする女性に優しい職場づくりナビ」に記載されています。

体をリラックスさせ睡眠時間をしっかり確保する

流産予防をするためには、しっかり休息をとることが有効です。 医師から安静指示が出ているような切迫流産などの場合は、一日リラックスして休むようにしましょう。

眠る前と普段からしておきたい事

(1)リラックスする方法
  1. 好きな音楽や胎教に良い音楽を聴く
  2. 38度のぬるめのお風呂にゆっくり入る
  3. 眠る前30分前はパソコンやスマホを避ける
  4. 日中に軽い運動をする

リラックスするにはα波の音楽を流すと有効です。寝る前にスマホなどのブルーライトを浴びると覚醒効果により、寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなったりすることもあります。また、妊娠中も体調が良く、安静指示が出ていない場合は、ウォーキングやマタニティーヨガなどの軽い運動を心がけましょう。
眠れない場合は横になって目をつむっているだけでも良いので、ゆったりと過ごす時間を意識的に増やすようにしてみて下さいね。

感染症を予防する

流産や早産の母体側の主な原因として挙げられるのが、子宮内感染です。妊娠初期に膣炎になっていると上行感染により、妊娠中期以降に絨毛膜羊膜炎になる可能性があります。妊娠初期に膣炎や頸管炎が見つかった場合は、まだ大丈夫だろうと思わずに、すぐに病院へ行って治療することが大切です。そうやって感染症になる危険性ををなくしていきましょう。
感染症による流産を予防するためには

  1. コンドームなしの性行為は妊娠中しない
  2. 歯肉炎の治療をする(歯肉炎菌も流産のリスクを高めます)
  3. 膣の必要以上の洗浄をしない
  4. 妊婦健診を受ける(感染症の早期発見につながります)

妊娠中は抵抗力が落ちています。そのためプール、海水浴、温泉なども感染症の危険性が高くなるので行かない方がいいでしょう。 入る場合は水質管理がきちんとされた場所(マタニティースイミングなど)を選んで安定期の元気のある時でかかりつけの医師の許可をとっておいた方が安心です。 このように妊娠中は感染するような行動は避け感染したら早急に病因兵器治療してもらいましょう。

流産まとめ

流産の可能性はだれにもある事なのです。ですが少し気を付けるだけでも極力0に可能性を下げることはできます。また何度も流産を繰り返してしまう人は鍼灸や整体で体を整えることで流産を防ぐ可能性があります。私の経験でも何度も繰り返し流産されていた肩が2週間に1回を3か月治療されていて妊娠されその後無事に安産で出産されました。色々セルフケアをしていても続く場合は鍼灸や整体での治療をするのもおすすめです。
●●●人気ブログランキング参加中●●●←クリックいしてもらえると喜びます◎
その他お問い合わせはお問い合わせフォームをご利用ください。

ご確認ください

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
当たるブログの記事内容やアドバイスは私の経験と知識をフル活用して、あなたのお悩みに役立てるよう考えています。ただし、診断や治療好意ではありません。記事やアドバイス内容は私個人の見解ですので、全ての方への有効性を保証するものではありません。
私の記事やアドバイス内容で被ったいかなる損害についても、私は一切の責任を負いかねますので自己責任で参考にしてください。
免責事項