カリスマ整体師が語る他にはない健康情報

他にはない健康な体の作り方!あなたのどこにいっても治らない不調の原因解決を20念以上の整体鍼灸マッサージ気功などの実戦経験から様々な角度でサポート東洋医学や西洋医学からの多彩な知識や技術からあなたを健康へ導く!

簡単ストレッチでセルフ整体健康でスッキリ痩せる!

簡単で効果的なストレッチであなたも健康的でカッコいいからだが手に入る!


ここでは自分でできるセルフ整体で肩こりや腰痛、スポーツのケガなどを予防や改善させたり二の腕やウエスト、太もも、ふくらはぎなどを細くしたりと健康とビジュアル的なカッコよさを両方手に入れていただけるカリスマ整体師が選んだ簡単で効果的なストレッチのやり方をお伝えします。




健康になれるストレッチの効果のメカニズム


筋肉は使い過ぎると筋膜に代表される膜や筋肉事態がが縮み膨張し硬くなり『凝り(こり)』になります。すると、その間を通る神経や血管が膨張した筋肉に圧迫されて痛み、しびれ、だるさ、むくみが出てきたり、内臓やホルモンなどの働きが落ちたりします。


また縮んだ筋肉は付着した骨を引っ張り歪まして同じように神経や血管を圧迫したりもします。そして硬く縮んで膨張した筋肉や膜は伸ばすという適度な刺激を与えることで緩みます。


これにより神経や血管の圧迫がとれて痛み、しびれ、だるさがとれ内臓やホルモンの働きが良くなります。
また血管やリンパ管の圧迫が取れることでむくみも改善していき代謝も上がり痛み物質も流れてより健康に向かっていきます。

細くなるストレッチの効果の理由


『健康になれるストレッチの効果のメカニズム』でも説明しましたが、筋肉は凝ると縮んで太くなり血流が悪くなると浮腫み(むくみ)ができ、その分太くなります。また骨盤が歪むとヒップが広がったり下半身太りに見えます。詳しい太く見える原因については体が太くなる8つの原因への対策をご覧ください。


その縮んで膨張した筋肉をストレッチで伸ばしてゆるめるので歪みも太さも取れ細くなります。
そして血流も改善しむくみもとれ、さらに細くなります。

ストレッチでは効果のない場合


ここまで筋肉をストレッチで伸ばす効果を説明してきました。しかし体を悪くしている原因によってはストレッチでは改善することはできません。
その原因とは片寄った食生活、精神的ストレスによる神経、血管、内臓の緊張や歪みです。このあとお伝えするストレッチや体操を継続的にしても変化が感じにくいときは、これらが原因かもしれません。このようなときは脈診という検査をして治療する鍼灸か神経や血管、内臓も整体できるオステオパシーの治療を受けることをおすすめします。

ストレッチの頻度・期間・タイミング


スレッチは全身を朝起きたのちお風呂から出たのちと1日2回を3か月毎日やってみてください。これで体質自体がかなり変わってきます。


また腕を使いすぎた、頑張って歩いたなど部分的に披露しているときは使った場所をストレッチするだけでも疲れは取れ効果的です。


激しい運動をする前にストレッチを念入りにすると筋肉が緩みすぎ働きが悪くなるので直前はかるめにするか準備体操などのように動かして準備しましょう。

全身のストレッチのやり方


後述するストレッチを全てすることで全身の筋肉の縮がとれ歪みが改善されてバランスが整う事ができます。神経や血液の流れも良くなり健康促進にもなり、美容面でも体を補足したり代謝を上げて肌をきれいにし痩せやすい体にしますので、時間のある時は全てやってみてください。

ストレッチをする前に読んでください


後述するストレッチは気持ちよく伸びている程度で20秒伸ばし5秒休憩するのを1セットで3セット行い行い右をしたら逆も同じくし硬く感じる方を2セット行う。


ストレッチ中は息をゆっくりと吐きながら行うとより伸びます。


痛める原因になるので伸ばそうと頑張りすぎて痛いのを我慢してまでストレッチをしないでください。


ぎっくり腰や捻挫など急に痛めたケガ(炎症が強い時)は行わないでください。

下半身のストレッチ




(1)太もも前の筋肉(大腿四頭筋)を伸ばすストレッチ
伸ばす側の太ももを上にして横になります。
下の足は延ばし、伸ばす側の膝を曲げて右手で膝の前を持ち後ろに引きます。
(2)内ももの筋肉(内転筋群)を伸ばすストレッチ
仰向けで寝ます。
伸ばさない足は延ばし4の字のように伸ばす側の足を曲げて反対側の太もも家脛(すね)の上に載せます。
足を外に開くようなイメージで膝を外下に押し伸ばします。
(3)足の甲からスネ、太ももの前まで伸ばすストレッチ
正座をします。 健康な人は通常はなんともありませんが、状態が悪い人はかなり突っ張る場合が多いです。正座が厳しい人は片足づつ行ってください。
身体の柔らかい人や継続的に上記のストレッチを頑張って足が柔らかくなってきた人には、膝を浮かすことで、もう少しストレッチを強くしていきます。 両膝が厳しい人は片膝でストレッチしてください。
(4)足裏から脹脛(ふくらはぎ)、太もも裏、お尻まで伸ばす
立った状態で前屈していきます。コツは手を床につけに行くのではなく、股関節のあたりから曲げていきお腹を太ももにつけにいくようにして、足裏からふくらはぎ、太もも、お尻と延びる感じがするようにストレッチします。
(5)お尻の筋肉を伸ばすストレッチ
足を組みあぐらをかきます。
背筋を伸ばし股関節から曲げ、お腹を付けに行くような感じで体を前に倒していきます。
3セット行い足を入れ替えて同じことを行ってください。
(6)腰、骨盤のねじれを強制するストレッチ
両足を伸ばして座ります。
右ひざを90度曲げて逆の足に足を組むようにまたぎます。
上半身はまっすぐ伸ばし、曲げた膝の外側を左肘で押しながら上半身は右へ捩じってください。
(7)足首から先の関節や筋肉を伸ばすストレッチ

回す側の膝を曲げて足首を持ちます。
曲げた側の手で足首を持ち逆の手で足の指の間に手の指を入れて大きくゆっくり回します。
足首から指先まで伸びるように大きく回してください。
(8)足裏から指先を伸ばすストレッチ
指先を出来るなら身体の方へ向ける状態をキープすると治りが早くなります。
足の甲を伸ばすストレッチ
足裏とは逆に足首からつま先までの筋肉が伸びるのを感じながら 身体から遠ざけるように足指をもっていきます。
その時に足の親指をしっかりと下に向けるとより伸びます。

上半身のストレッチ





(1)体の側面(広背筋など)を伸ばすストレッチ
背筋をまっすぐにして立ち、両手をしっかり伸ばしてバンザイします。
やや前に倒し気味で横に倒します。前への確度は一番伸びるところを前後に動かして探してください。
(2)手首を曲げる肘から指に付く屈筋軍のストレッチ
親指から小指まですべて同じやり方でします。
手のひらをパーの状態でしっかり全ての指を伸ばします。
1つの指を逆の手でしっかり指を手の甲側に引き 肘のあたりに抵抗を感じるあたりまでする。
ストレッチの時は肘から指まで抵抗を感じるイメージでする。硬い人は実際に肘から指まで突っ張ります。
5本全て終わったら人差し指から小指までそろえて4本同時に伸ばすのも行ってください。
(3)手首をそらす肘空手に付く新筋群のストレッチ
手をしっかり握りこんでグーを作ります。
肘をしっかり伸ばし腕を真っすぐにして手首が曲がるところまで曲げ止まったところから逆の手で手の甲を押して気持ちよく突っ張るまで押します。
ストレッチの時は肘から指まで抵抗を感じるイメージでする。硬い人は実際に肘から指まで突っ張ります。
(4)肘上から手首手前まで付く腕橈骨筋(わんとうこつきん)を伸ばすストレッチ
親指を中に入れるようにしっかり握りこんでください。
手を小指側を下にして肘をしっかり伸ばし腕を真っすぐにして小指側に曲げます。
手首が曲がるところまで曲げ止まったところから逆の手で親指のあたりを押して気持ちよく突っ張るまで押します。
(5)二の腕の力こぶをつくる上腕二頭筋を伸ばすストレッチ
パート1
足は閉じ背筋を伸ばして真っすぐ立ちます。
右腕の肘も指もしっかり伸ばし45度ぐらいまで後ろに引いていき手のひらを上にして手首をそらせます。体はまっすぐねじらないように注意。さらに頭を左へ捩じりながら倒すとより伸びます。
パート2
右腕を壁側にして20cmぐらい間をあけ平行に立ちます。
右腕を後ろに45度ほど引き手のひらを壁に付け上半身を左へねじります。45度から上下に腕を動かして捩じった時に一番伸びる確度で行ってください。
(6)肩から肘に付く上腕三頭筋を伸ばすストレッチ
パターン1
姿勢を真っすぐにし右腕を真上に上げ肘をしっかり曲げ手のひらを体の後ろに回す。
伸びている感じがなければ体はまっすぐのまま逆の手で曲げた肘を左側へ引く
さらに伸ばしたい場合は、肘を引いた状態で腰から上半身を左へ倒す。
パターン2
腕を横に肩の高さまで上げる。
肘をしっかり曲げ、手で肩を触った状態で後ろに伸びる感じが出るまで引いていく
パターン3
背筋はまっすぐにした状態で、右手を真っ直ぐに伸ばし、反対の肩の方に水平に動かす。
左腕で伸ばした右腕の肘の辺りを下から十字のような形で抱えます。
左腕で右腕を手前に引きます。伸びている感じがなければ肘をしっかり曲げてから手前に引いてみてください。
※3パターンとも伸びるところが少しずつ違うのですべて行ってください。
(7)首から肩に広がる僧帽筋上部線維を伸ばすストレッチ
背筋はまっすぐにし正面を向いたまま頭を左に倒し、耳を左肩に近づけながら右肩をゆっくり下げる
伸びている感じがしなければ倒した側の手で伸びている感じが出るまで、ゆっくり押してみてください。
(8)首から肩甲骨につく肩甲挙筋を伸ばすストレッチ
背筋をまっすぐにし頭を左に向けて倒し、鼻を左肩に近づけてゆっくり右肩を下げる
伸びている感じがしなければ倒した側の手で伸びている感じが出るまで、ゆっくり押してみてください。
(9)首の前から肋骨に付く斜角筋を伸ばすストレッチ
背筋をしっかり伸ばし顎をしっかりひいて、その状態で頭を天井方向にひくように首を伸ばします。
手の甲を腰のベルトのラインの真ん中にあて肘を後ろに軽くひいてください。
頭を前へ少し倒しながら左へ倒して行きます。
伸びている感じがしなければ倒した側の手で頭を伸びている感じが出るまで、ゆっくり押してみてください。
(10)胸筋を伸ばすストレッチ
背筋をまっすぐ伸ばして頭を左へ倒します。
右手の甲を腰のベルトのラインの真ん中にあて肘を胸のあたりが突っ張るまでひいてください。
伸びている感じがしなければ肘を後ろに引きながら体は左へ捩じってください。
(11)お腹の真ん中に付く腹直筋を伸ばすストレッチ
パート1
うつ伏せから床に手を突き腕を伸ばして天井を見るように体をそらします。
お腹のあたりに伸びている感じがある状態で3セット行ってください。そらして腰に痛みが出るなら中止してください。
パート2
姿勢を真っすぐにして立ち、背伸びをするように両手を天井へ持ち上げ手のひらを上にして組みます。
上に伸びるような感じで顔は上を見ながら後ろに少し反らせると伸びます。
3セット行ってください。
(12)横腹に付く腹斜筋のストレッチ
姿勢をまっすぐ伸ばし深くあぐらをくみ、右腕を真上に上げて肘を曲げます。
この状態から体を前に30度ほど倒し右に体をねじった状態で、ウエストのあたりから左へ倒してください。
横腹の真横よりやや前気味が伸びていたら性交。

腹式呼吸


腹式呼吸をすることで隔膜という体を横に隔てている膜が下がったり上がったりしますこの膜は呼吸をすることで上がったり下がったりし 大きく呼吸をすることで隔膜がストレッチされ血流もよくなり、さらに横隔膜と腹筋で内臓もマッサージされおすすめです。隔隔膜の詳細は角膜の働きとはをご覧ください。

腹式呼吸の方法】
上向きに寝てひざを曲げます。
お腹の上に手を当て、息を吸えばお腹が膨らみ、吐く時にヘコムかどうかを手で確認しながら呼吸をしてください。
以上の容量で
まず背中にお腹をくっつけるような感じで口から息を全て出し切り5秒とめます。
次に鼻からお腹を膨らませるように息を最大まで吸い切り10秒とめます。
これを10分つづけると血流がよくなり手足が凄く温かくなります。
この呼吸法の大切なところは、最大限に息を吐ききったところで止める、吸いきったところで止めるということです。

ストレッチで簡単セルフ整体まとめ


ストレッチをすることで膨張した筋肉が緩み神経や血液の流れが良くなって代謝も上がり健康にも美容にも有効


食事の不摂生や精神的なストレスからの体の硬さにはストレッチは効果が少なく鍼灸や整体がおすすめ


ここまでお読みいただきありがとうございました。ストレッチは本当にたくさんの方法がありどれをすればいいか分からなくなると思います。ここでは簡単で効果的なあなたにおすすめのストレッチのやり方をご紹介しました。最低3か月続けると体質が変わってくるので頑張って続けてみてくださいね。

●●●人気ブログランキング参加中●●●←クリックしてもらえると泣いて喜びます◎


その他お問い合わせはお問い合わせフォームをご利用ください。


ご確認ください

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
当たるブログの記事内容やアドバイスは私の経験と知識をフル活用して、あなたのお悩みに役立てるよう考えています。ただし、診断や治療好意ではありません。記事やアドバイス内容は私個人の見解ですので、全ての方への有効性を保証するものではありません。
私の記事やアドバイス内容で被ったいかなる損害についても、私は一切の責任を負いかねますので自己責任で参考にしてください。
免責事項

肩甲骨をはがしてバストアップ。ダイエットにも効果的健康と美容を手に入れる!

バストアップやダイエットにも効果的健康で綺麗になれる肩甲骨ストレッチ


肩甲骨はがしは肩こりや腰痛などの健康面でもダイエットやバストアップなどの美容面でも注目されています。ここでは自分でできるストレッチ、ツボ、マッサージなどの肩甲骨をはがしてく方法をお伝えします。


何故ダイエットやバストアップができるか?肩甲骨はがしの効果や肩甲骨の詳細は肩甲骨をはがしてく本当の整体をご覧ください。

肩甲骨はがしてくストレッチのやり方







肩甲骨はがしてくストレッチ●パート1
足を肩幅に開いて立ち両手を身体の後ろで組みます。
そのまま6秒かけて吸いながら6秒かけて吐いてを3セット行います。
※ポイントは後ろで手を組む時は、手のひらが真っすぐ合わさるようにしてください。下敷きなどを挟んみ真っすぐになっているか確認してください。 肩の高さが傾いたりしないよう同じになるように気をつけましょう。
肩甲骨はがしてくストレッチ●パート2
両手を壁につき、腰を反って壁にお腹を押し付けます。
顔は横に向けて肩甲骨を反らし 、20秒し5秒休みを3セット左右行ってください。
肩甲骨はがしてくストレッチ●パート3
両ひじを真後ろに少しずつ肩甲骨が合わさるまで引き胸の縮んだ筋肉を引き伸ばす。
胸を前方に突き出す感じで顎をできるだけ上げる。
口から息を吐ききり、そのまま5秒姿勢を維持する
これを3セット行う。
肩甲骨はがしてくストレッチ●パート4
お腹を床につけたままでバンザイをするように腕だけを伸ばして腰を反る。
そのまま深呼吸を繰り返して20秒止め5秒休みを3セット行う。
肩甲骨はがしてくストレッチ●パート5
両手を手のひらが上を向くように後ろで組む。
鼻から息を吸って胸を開くように肩を限界まで後ろに引く。   肩甲骨が寄ってしわが出来る感じ。
口から細く息を吐きながら頭を後ろに倒す。   アゴは上、手は下に引っ張り合いをする感じで320秒し5秒休みを3セット行う。
肩甲骨はがしてくストレッチ●パート6
両足は肩幅より少し狭く開いて背筋を伸ばして立ちます。
腰の後ろに手を回し、タオルの両端をつかみます。
そのまま少しずつ両手を肩の高さまで上げて20秒維持し5秒休みを3セット行います。
肩甲骨はがしてくストレッチ●パート7
顎を喉ぼとけの方に引き込みます。
頭頂部を天井から日もで引っ張られるイメージでまっすぐ持ち上げます。
これを20秒して5秒やすむのを3会繰り返します。

肩甲骨はがしてくストレッチをより効果を上げるには体を全身的に伸ばすと効果的です。全身のストレッチをしりたい貴方は『簡単ストレッチでセルフ整体健康でスッキリ痩せる!』をご覧ください。


※このストレッチは効果的なものを選んでいますが、効果効能を保証するものではないため、自己責任でおこなってください。
※炎症や痛みが酷い場合は行わないでください。

肩甲骨をはがすマッサージの方法







【肩甲骨をはがすマッサージ1
あお向けに寝て片方の肩胛骨の内側(筋肉が硬い部分)にゴルフボールを置きます。両腕をバンザイするように上げて戻すのを10回ボールをいれかえて左右してください。腕の上げ下げで肩甲骨内側のマッサージになり硬くなった筋肉がほぐれてきます。テニスボールだとあたりが柔らかくなります。刺激の強さは少し痛いけど気持ちいい程度で痛いのを我慢して市内でください。逆に筋肉を傷めることになります。
【肩甲骨をはがすマッサージ2】
ゴルフボールを肩甲骨と腕の付け根(脇を閉めたら後ろにシワができるあたり)から肩甲骨の真ん中あたりに置き、体を上下左右に60秒ほど動かしてください。肩甲骨周りをマッサージできます。
【肩甲骨をはがすマッサージ3】
ゴルフボールを手と体で挟み、鎖骨の下から腕まで転がして60秒ほどマッサージしていく。肩甲骨の前にある烏口突起、肩甲骨から腕と肩の付け根の前につく筋肉をマッサーじできます。

肩甲骨のツボ

効果的なツボの押し方

ツボの押し方は『ち気持ち良い』程度です。ツボ押しは痛ければいいと勘違いしている人もいますが大間違いです。力加減を間違えると悪化しますので体の状態で強さを指定していますので参考にしてください。
ツボは症状の反応点でもあり、治療点でもあります。触っただけでも痛いなら手のひらで30秒さするようにするだけで十分で、痛みを我慢して指圧すると逆効果で悪化します。
逆に押して気持ちがいいなら後述するツボの押し方(指圧)を試してください。

ツボは息をゆっくり吐きながら5秒程度指圧し、 ゆっくり息を吸いながら5秒程度かけて指圧を緩めてください。これを1つのツボでリラックスして5セット行ってください。

肩甲骨のツボ1 肩外兪( けんがいゆ)
肩甲骨はがしツボ肩外兪(けんがいゆ)
ツボの場所:第1・第2胸椎棘突起間(陶道)の外方3寸、肩甲骨内上角の骨際 ツボの効果:肩背中の痛み
肩甲骨のツボ2 中府(ちゅうふ)
肩甲骨はがしの経穴中府(ちゅうふ)
ツボの場所:雲門の下方1寸。華蓋(任脈)から第1肋間に沿って外方6寸前胸部、第1肋間と同じ高さ、鎖骨下窩の外側、前正中線の外方6寸。鎖骨下窩で大胸筋の張ったところよりやや上方に取る。
ツボの効果:咳、痰、鼻水、しゃっくり、喉の痛み、にきび、肌荒れ、 気管支炎、喘息、無気力、肩こり
肩甲骨のツボ3 雲門(うんもん)
肩甲骨はがしのツボ雲門(うんもん)
場所:鎖骨下窩にあり、烏口突起の内縁、腋窩動脈拍動部 三角筋と大胸筋の間
ツボの効果:咳嗽、喘息、胸痛、上肢挙上障害、五十肩
肩甲骨のツボ4 肩貞(けんてい)
肩甲骨はがし経穴肩貞(けんてい)
ツボの場所:上腕を腋につけた時、腋窩横紋の後端から上1寸
ツボの効果:肩甲部の痛み、上肢痛による挙上困難、五十肩
肩甲骨のツボ5 臑兪(じゅゆ)
肩甲骨の経穴臑兪(じゅゆ)
ツボの場所:腋窩横紋後端の上方で、肩甲棘外端の下際陥凹部(肩貞の直上1寸)
ツボの効果:肩の痛み、五十肩、高血圧
肩甲骨のツボ6 天宗(てんそう)
肩甲骨の経穴天宗(てんそう)
ツボの場所:肩甲棘下窩の中央、棘下縁と肩甲骨下角とを結んで上から1/3のところ
ツボの効果:肩甲部の痛み、胸の痛み、乳汁分泌不全
肩甲骨のツボ7 秉風(へいふう)
肩甲骨はがしのツボ秉風(へいふう)
ツボの場所:肩甲棘のほぼ中央の上際
ツボの効果:肩甲部の痛み、上肢のしびれ
肩甲骨のツボ8 曲垣(きょくえん)
肩甲骨はがしのツボ曲垣(きょくえん)
ツボの場所:肩甲棘内端の上際で、棘上窩 ツボの効果:肩甲部の痛み
肩甲骨のツボ9 肩グウ(けんぐう)
肩甲骨はがしに効く経穴肩グウ(けんぐう)
ツボの場所:肩関節の前方、肩峰と上腕骨頭の間(上腕を水平に上げて肩関節部に現れる二つの陥凹のうち前の凹み)
ツボの効果:肩の痛み、上肢の痛み、皮膚病、半身不随

自分でできる肩甲骨はがしてく方法のまとめ


肩甲骨の周りをストレッチやマッサージし筋肉をゆるめることで美容や健康に良いのは確かですが、肩甲骨の動きを悪くしている原因が肩甲骨周りにあるとは限りません。時間のある時は全身のストレッチを行う事でより効果が高まります。是非続けてやってみてくださいね。

●●●人気ブログランキング参加中●●●←クリックしてもらえると泣いて喜びます◎


その他お問い合わせはお問い合わせフォームをご利用ください。


ご確認ください

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
当たるブログの記事内容やアドバイスは私の経験と知識をフル活用して、あなたのお悩みに役立てるよう考えています。ただし、診断や治療好意ではありません。記事やアドバイス内容は私個人の見解ですので、全ての方への有効性を保証するものではありません。
私の記事やアドバイス内容で被ったいかなる損害についても、私は一切の責任を負いかねますので自己責任で参考にしてください。
免責事項

本当の頭痛の治し方(限定公開)

自分でできる頭が痛い時の治し方


実は頭痛は医者泣かせと言われる症状と言われています。もちろん検査して何か病気などの原因がある頭痛には病院は最適ですが、検査して体のどこにも問題はないが頭痛が出る…こうなるとドクターは薬を出すしかありません。もちろん薬で頭の痛みを抑えているだけで原因を治療しているわけじゃないのでまたぶり返します。


それでも頭痛に困る人はドクターに原因を聞くとストレスでしょうと薬だけ出される…そんな経験あなたもあるかもしれません。


原因が分からないとされる1次性頭痛は筋肉が硬くなっている、血行不良、自律神経のアンバランス、骨の歪み、栄養の過不足などから起きます。


これらの原因に自分でできる頭痛の治し方として、ツボやストレッチ、食べ物を紹介していきますね。


自律神経が原因の場合は自律神経失調症の原因と本当の治療
を参考にしてください。

自分で改善できる頭痛を知ろう!


頭痛には大きく2種類あります。頭の痛みの原因が医学的にははっきりしないが鍼灸、整体、マッサージで治せる一時性頭痛と、病気など原因がはっきりしていて病院でないと対応できない頭痛があります。


ここでお伝えするツボやストレッチで痛みが軽くなるのは一時性頭痛です。
一次性頭痛は緊張型頭痛、片頭痛群発頭痛の3つで病院の検査では特に明確な病気があるわけではないのに繰り返し頭が痛くなるものを言います。


二次性頭痛はクモ膜下出血や脳腫瘍など危険な病気が原因で頭が痛いものを言います。もちろん鍼灸、マッサージ、整体などでは治療できません。二次性頭痛では、これまで経験したことのないような強い頭の痛みが突然あらわれたり、手足の麻痺やしびれ、痙攣、激しい嘔吐、高熱などを伴う頭の痛みが起きることがあるので、そんな時はすぐに病院へ行ってください。


自分の頭痛が一時性可動化わからない場合は頭痛の特徴と本当の原因をご覧ください。


まずはあなたの頭痛のタイプを知って対応してくださいね。






それぞれの頭痛への対処と治療

緊張型頭痛の対処と治療

緊張型頭痛の対処方法
緊張型頭痛は首や肩こりに伴って痛みが出ることが多いので、蒸しタオルや入浴などで首や肩周辺を温めたり、体操をするのが効果的です。
体操、ストレッチ、ツボによる頭が痛い時の対処法の説明は後述しています。
緊張型頭痛の治療
緊張型頭痛の治療としては頭首肩周りの筋肉を硬くしたり血流を悪くしている、根本原因を整体、鍼、マッサージなどの施術で治療していけば改善していきます。
頭痛の本当の原因については頭痛の特徴と本当の原因をご覧ください。

片頭痛(偏頭痛)の対処と治療

片頭痛の対処方法
1.安静とアイシング
頭の痛い所をアイシングし、静かな部屋で安静が一番です。冷やす部分は、偏頭痛で血管が脈打っている痛い所です。アイシングのやり方はアイシングの正しい方法をご覧ください。
また片頭痛が出ている時は、痛みのでている部分への血流を良くしてしまう入浴や運動、痛みのある部分へのマッサージなどは悪化させるので止めましょう。
2.栄養摂取
(1)マグネシウム
マグネシウムが足りないと片頭痛を起こしやすくなります。 何故かというとミトコンドリアのエネルギー源になる栄養素がマグネシウムで、不足すると活性酸素脂肪酸を分解する働きが落ち炎症が起こりやすくなり痛みが出るからです。
マグネシウムを多く含む食材 】
緑黄色野菜、大豆、玄米、ひじき、アーモンドなど
(2)ビタミンB群
体の中の脂肪が酸化して過酸化脂質となり、それが頭の血管を傷つけて炎症を起こすことにより偏頭痛が出る場合があります。 ビタミンB2は、この過酸化脂質が作られるのを防ぐことができるので片頭痛を予防することができます。
そしてビタミンB2、B6は自律神経のアンバランスを整える効果もあり、自律神経不調で頭が痛いのを予防することができます。
【ビタミンB群を多く含む食材】
牛乳、レバー、マグロの赤身魚、豚肉、納豆、アボカドなどがあります。
(3)カフェイン
カフェインは痛みを抑える働きがあります。 カフェインをとると脳に影響し血管を縮みさせ神経の圧迫を抑え頭の痛みが軽くなります。 偏頭痛があるときは、カフェインの含まれる紅茶、緑茶、コーヒー4杯前後を目安に飲んでみてください。
逆に気を付けないといけないのは、緊張型頭痛の場合は血管が収縮し血流が悪くなってしまい悪化してしまいます。そしてカフェインの摂りすぎは胃もたれ、吐き気などを起こすことがあるので摂りすぎは注意してください。
(4)ハーブ
偏頭痛の痛みを抑えるのにおすすめのハーブはペパーミントです。血管を縮め自律神経をリラックスさせる働きがあり片頭痛には効果的です。
他にもおすすめのハーブは自律神経をリラックスさせ炎症を抑える働きもあるオレガノ、フィーバーフュー(夏白菊)も効果的です。
ハーブをとるときは、アロマオイルでは匂いがきつく神経を興奮させてしまうことがあるので、ハーブティーで飲むのがおすすめです。
(5)漢方薬
偏頭痛をすぐに止めたい時は、五苓散(ごれいさん)が有効です。体内の過剰な水分を排出させ、偏頭痛などの症状を和らげる効果があります。よくある天候による気圧の変化で起こる偏頭痛にこの漢方がおすすめです。
また頭が痛いのを予防したいときには体内の血液の流れを正常化する呉茱萸湯(ごしゅゆとう)が効果的です。
【頭痛治療】
片頭痛の治療としては、頭蓋骨、その周辺の神経や動脈、静脈をゆがめたり硬くしている根本原因を鍼、整体、マッサージで原因を取り除いて痛みを改善していきます。

群発性頭痛の対処と治療


群発性頭痛の対処

片頭痛と対処のやり方は同じなので参考にしてください。注意する点も血流をよくすると悪化するので同じく気を付けてください。

群発性頭痛の頭痛治療


群発性頭痛の治療としては、頭蓋骨、その周辺の神経や動脈、静脈をゆがめたり硬くしている根本原因をマッサージ、鍼、整体順番に治療していけば改善していきます。

お気づきのように治療して治せる頭の痛みは結局体を悪くしている根本原因を解消すれば治ります。
頭痛の根本原因については頭痛の特徴と本当の原因をご覧ください。

これはどの症状でも同じことで人間本来が持つ自然治癒力を元通りにすればすべての症状はなくなるといっても過言ではないんですね。

頭痛を改善するストレッチのやり方


一時性頭痛は筋肉の凝りや血行不良で起こります。そのため首から肩にかけての筋肉を伸ばすことにより頭の痛みは軽くなります。


また首肩だけ伸ばせばいいと考えがちなのですが、デスクワークで手や腕凝っているのでストレッチする必要があります。そして体は全身膜によってつながっているのでしっかり改善させたければ首片腕だけでなく全身を伸ばしていくストレッチが必要になってきます。


以上ふまえて頭痛をとりあえずカルくしたければ首片腕のストレッチ、本格的に改善したければ全身のストレッチをやってみてください。


ストレッチノ詳しいやり方については『簡単ストレッチでセルフ整体健康でスッキリ痩せる!』を参考にしてください。

ツボでの頭の痛みの治し方

効果的なツボの押し方








ツボの押し方は『ち気持ち良い』程度です。ツボ押しは痛ければいいと勘違いしている人もいますが大間違いです。力加減を間違えると悪化しますので体の状態で強さを指定していますので参考にしてください。
ツボは症状の反応点でもあり、治療点でもあります。触っただけでも痛いなら手のひらで30秒さするようにするだけで十分で、痛みを我慢して指圧すると逆効果で悪化します。
逆に押して気持ちがいいなら後述するツボの押し方(指圧)を試してください。

ツボは息をゆっくり吐きながら5秒程度指圧し、 ゆっくり息を吸いながら5秒程度かけて指圧を緩めてください。これを1つのツボでリラックスして5セット行ってください。

1.緊張型頭痛のツボ
頭痛のツボ(1)百会(ひゃくえ)
頭痛のツボ百会(ひゃくえ)


ツボの場所: 頭のてっぺんで、両耳と鼻と背骨のの延長線が交わるところ。
体の中心に向かって垂直に押してください。
ツボの効果:頭の痛みの緩和、肩こり、目の疲れ、自律神経の調整

頭痛のツボ(2)天柱(てんちゅう)
頭痛に効く経穴天柱(てんちゅう)


ツボの場所:項(うなじ)のくぼみから外に滑らせてへこんだところで、押したら頭に響くところ
ツボの効果:頭の痛みの緩和、頭重感、高血圧、顔のむくみなど

頭痛のツボ(3)風池(ふうち)
頭痛に効果的な経穴風池(ふうち)


ツボの場所: 項(うなじ)と耳の後ろの骨の先端をむすんだ線上の中点で、押したら頭に響くところ。
ツボの効果: 頭の痛みの緩和、頭重感、肩や首のこり、鼻づまり、のぼせなど

頭痛のツボ(4)完骨(かんこつ)
頭痛に効果的な経穴完骨(かんこつ)



ツボの場所:耳の後ろにある骨の先端から後縁に沿って髪の生え際に少し入ったところで、押すとこめかみに響く場合がある。
ツボの効果:頭の痛みの緩和、頭重感、首のこり、不眠症

頭痛のツボ(5)肩井(けんせい)
肩井(けんせい)



ツボの場所:触りたい側の反対側の胸に肘をつけ、例えば左肩井なら右肘を右胸につけ、目的の肩井の下にある乳首から上に線を引き、その線と中指の先端が交わるところ。
ツボの効果:頭の痛みの緩和、全ての肩凝り、上刃痛、めまい

頭痛のツボ(6)太陽(たいよう)
眉毛の端と端の中間点のくぼみ
ツボの効果:頭の痛みの緩和、目の疲れ

頭痛のツボ(7)頷厭(がんえん)
こめかみから髪の毛の方に少しはいり、口を開閉したときに動きを感じたところ
ツボの効果:頭の痛みの緩和、目の疲れ

頭痛のツボ(8)印堂(いんどう)
眉の内端同市を結んだ線上の中点
ツボの効果: 頭の痛みの緩和、目の疲れ不眠

2.片頭痛のツボ
頭痛のツボ(1)手三里(てさんり)
手三里(てさんり)



手のひらオ正面に向けひじを曲げたときにできる横ジワの外端から親指の線上で指三本分親指に向かったと頭の痛みの緩和ころ
ツボの効果:根違い、肩こり

頭痛のツボ(2)合谷(ごうこく)
片頭痛に効く経穴合谷(ごうこく)


ツボの場所: 人差し指と親指の骨が合流する部分にある水かきの部分で、人差し指の方に押して気持ちのいいところ。目の特効ツボ ツボの効果:目の疲れ、頭の痛みの緩和、肩こり、生理痛・下歯痛

頭痛のツボ(3)崑崙(こんろん)
足の外くるぶしの外側とアキレス腱の間でグリグリした痛いところ
ツボの効果:、めまい、坐骨神経痛、足の甲の痛み

頭痛のツボ(4)足臨泣(あしりんきゅう)
片頭痛に効果的な経穴足臨泣(あしりんきゅう)


ツボの場所:小指と薬指の骨と骨が合流するあたりで、その間を撫であがるととまるところ
ツボの効果:頭の痛みの緩和、生理不順、生理痛

頭痛の本当の治し方まとめ


ストレッチやツボでの頭痛の改善は一時性頭痛には効果があるが二次性頭痛には効果はない


血行不良での緊張型頭痛には温めて血管が広がっている片頭痛群発性頭痛には冷やすのが良い


ここまでお読みいただいてありがとうございます。あなたはそれだけ頭が痛いことに
悩まれていたことでしょう。頭が痛いのは本当に辛い事です。見た目にもわからず理解してもらえず苦しい思いや悲しい思いをしているかもしれません
そんなあなたのような人を一人でも多く救えたらという思いで、このページを作成しました。紹介させていただいた自分でできる頭が痛い時の対処法の体操やストレッチは、セルフケアとしては効果の高いものを選んでいます。
しかし頭の痛みは複雑でなかなか改善されにくいのも事実です。頭が痛い症状が長引く場合は病院へすぐに行って検査してもらい、病的な頭の痛みでなく片頭痛や緊張型頭痛なら迷わず鍼灸院かオステオパシー整体院へいかれることをおすすめします。 長文最後までお読みいただいてありがとうございます。
あなたが一日も早く頭の痛みから卒業できるよう心から願っています。

●●●人気ブログランキング参加中●●●←クリックしてもらえると泣いて喜びます◎


その他お問い合わせはお問い合わせフォームをご利用ください。


ご確認ください

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
当たるブログの記事内容やアドバイスは私の経験と知識をフル活用して、あなたのお悩みに役立てるよう考えています。ただし、診断や治療好意ではありません。記事やアドバイス内容は私個人の見解ですので、全ての方への有効性を保証するものではありません。
私の記事やアドバイス内容で被ったいかなる損害についても、私は一切の責任を負いかねますので自己責任で参考にしてください。
免責事項