カリスマ整体師が語る他にはない健康情報

他にはない健康な体の作り方!あなたのどこにいっても治らない不調の原因解決を20念以上の整体鍼灸マッサージ気功などの実戦経験から様々な角度でサポート東洋医学や西洋医学からの多彩な知識や技術からあなたを健康へ導く!

サッカーでの腰痛の本当の原因に特化した治療


腰痛といえば年を取って起こる体の痛みと思われがちですが小学生、中学生、高校生と若い層のサッカープレイヤーでも腰が痛いプレイヤーはかなりいます。


中学生高校生のサッカープレイヤーへのアンケートでは40%も腰痛を経験していて9割以上がサッカーを始めた後に腰に痛みを感じているようです。


一般的な腰痛の治し方はありきたりなスポーツ障害なのでシップや少し寝たり軽くマッサージしたら治まったりするので放置しがちですが、最初は軽くなっても段々ひどくなり整形外科などの病院で検査したら腰の状態が酷く、腰痛を直すのが手遅れとなっていたということもあります。


そしてサッカー選手で腰痛は職業病のようなもので日本代表のサッカー選手でも腰痛で試合がでれなくなったり、引退の原因にもなったりしています。


ボールを蹴るのにもダッシュするのにもヘディングするのにも腰をひねったり反らしたり多くする必要があり、腰に不調があるという事は、これらの動きが悪くなる、あるいはできなくなりパフォーマンスが落ちるためサッカー選手にとっては腰痛は致命的です。


そのために腰痛の予防と、腰が痛いなら治療したり腰痛改善のためにストレッチ体操などの治し方を覚えて実践する必要があります。


そこで、ここではサッカー選手に多い腰痛の原因や種類、腰痛におすすめの治療、サッカーでの腰の痛みの治し方として有効なストレッチや体操をご紹介します。






またスポーツからの腰痛はたくさんあります。
ゴルフの腰痛についてはゴルフによる腰痛の4つの原因に特化した対策


野球の腰痛については野球で腰が痛い原因に対する治療


テニスの腰痛については野球で腰が痛い原因に対する治療


ランニングによる腰痛については野球で腰が痛い原因に対する治療








サッカーで多い腰痛の種類の原因、予防、治療


サッカーで多いスポーツ障害の腰痛には腰部椎間板ヘルニアと腰椎分離症、また高校生に多い骨端症による腰痛、病因の検査では原因が分からないとされる腰痛があります。

腰椎分離症・すべり症(疲労骨折)

1.腰椎分離症とは
腰椎(腰の骨)をつなぐ関節(椎間関節)は、腰椎に加わる負担の25%程度を分担しています。そのため腰を捩じったり反らしたりを繰り返し腰の骨に負担がかかりすぎ、ひびが入ることがあります。これを腰椎分離症と言い分離した骨が分かれて離れるのを腰椎すべり症と言います。
これは腰の骨(腰椎)の疲労骨折と考えられていて 小学生、中学生、高校生などの若い世代のサッカー選手には多いスポーツ障害で自覚症状がない場合もあります。1か月以上痛みが続く腰痛やかなり腰の痛みが強い場合は腰椎分離症の可能性があるので病因でみてもらいましょう。
レントゲンではわからない場合が多くCTやMRIで検査します。 生まれつき分離症のある場合もありますが、サッカーだけでなく柔道・野球・ラグビーなど腰を使うスポーツほど腰の骨を痛める可能性が高くなります。
2.腰椎分離症の原因
サッカーではボールを蹴ったりヘディングしたりすることで、腰に捻りや反りの動きが加わるり腰椎にかなり負担をかけて腰椎分離症の原因となります。 また腰椎分離症になりやすいサッカー選手のタイプは、股関節周りの筋肉がなく柔軟性がありません。 成長期では下半身特に太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)の筋力が弱いため膝から下の蹴りだしが十分でないため上半身を前かがみにし股関節を屈曲させて、足を全体的に前に蹴りだすのが腰椎分離症になる原因と考えられています。 そして股関節周りの柔軟性が悪くなると骨盤の動きも悪くなり腰により負担がかかることになってしまいます。
3.腰椎分離症の症状
腰椎分離症・すべり症の症状はほとんど腰の痛みだけです。 サッカーをしているときは腰は痛くないが終了後に腰痛が酷くなったり、長い時間立っていると、腰が重だるくなったり、痛くなったり、突っ張ったり、急に痛くなったりマシになったりという腰痛が数日続くものまで色々で、小学生、中学生のサッカープレイヤーでは腰の痛みもなく無症状の場合も多いです。
また腰をそると腰椎に負担がかかるので一般的には腰痛が悪化し腰の痛みで後ろに反れない場合も多くあります。
分離症の多くは第5腰椎と骨盤の間でひびが入り腰椎が前後に分かれます。 そこから、さらに別れた腰骨の前の部分が前にずれ滑るのを腰椎すべり症といい腰の状態も悪くなります。
 腰椎分離症・すべり症では、別れた腰骨の後方部分が浮き上がり、腰部の階段状変形や腰椎の前彎が深くなることがあります。
4.腰椎分離症の治療
骨が分かれている状態で違います。
骨の異常が早めに分かれば、骨が治すためにコルセットなどで固定して安静にします。 しかし腰は常時負担がかかるので骨が治るのに3ヵ月前後かかることもあります。 完全に分かれてしまい治らない場合は腰の痛みの様子を見ながら復帰を目指します。 しかし骨が分かれているので後に腰椎すべり症に悪化したり、腰の痛みが続いたりしてサッカーのパフォーマンス悪化につながります。
4.腰椎分離症の予防
一般的に分離症患者には、股関節周囲の柔軟性が低く筋力がない。体幹の安定性が低いという傾向に あります。 股関節周囲の柔軟性が低いと骨盤の動きが悪くなり、腰椎に必要以上の負担がかかるということが 考えられます。
そのためストレッチや体操で硬くなった筋肉を緩め弱い筋肉を鍛えることで腰椎分離症・すべり症を予防できます。 そして痛みがあるときはシュート練習のやりすぎに注意が必要です
股関節や腰回りのサッカーの腰痛に効果的なストレッチや体操は2つの腰痛の治し方と予防方法をご覧ください。
腰椎分離症・腰椎すべり症の痛み治療
腰の痛みの治し方には鍼灸や整体もおすすめです。硬くなった腰の筋肉を緩めることで血行が良くなり神経の圧迫も軽減されます。また骨折が治るのも早くなります。私の経験でも1か月かかると言われていた骨折が2習慣で治るように早くなります。 ただ骨折ですので変に触ると悪化する可能性もあります。鍼灸院や整体院に治療可能か聞き周りの評判と照らし合わせて考えてみてください。

腰部椎間板ヘルニア

1.腰椎椎間板ヘルニアとは
サッカーでは腰の骨と骨の間にある椎間板という骨のクッションにつねに負担がかかります。すると負担がかかりすぎた椎間板が傷ついてひびが入りへしゃげてしまい中身の軟骨が出てきます。これを腰部椎間板ヘルニアといいます。
2.腰部椎間板ヘルニアの原因

通常は椎間板には神経がないので少々圧力がかかっても腰に痛みが出ないのですが、椎間板に負担がかかりすぎ亀裂が入ると、そこを直すために神経や血管が入り込んできます。
そのため椎間板に圧力がかかると腰に痛みが出るようになります。
また椎間板の中にある軟骨が飛び出して神経が圧迫されて痛みが出ることもあります。


3.腰部椎間板ヘルニアの症状


急なひどい腰の痛みが出てきた後、坐骨神経痛と言われる腰から足にかけて特にお尻から太もも、ふくらはぎの後ろや外側のしびれや痛みが出てきます。
また歩くのも大変、長時間座っているとだるい、前かがみができないようになることも多いです。

4.腰部椎間板ヘルニアの検査方法(調べ方)


あおむけに寝て足を延ばして上げていくと45度程度で足にしびれがでます(ヘルニアが軽い場合はでません)

5.腰部椎間板ヘルニアの治療


病因でのヘルニアの治し方は手術と保存療法の2つがあります。
そして薬物療法→神経ブロック注射→手術で順番で保存療法から優先的に考えられます。


保存療法の流れ


(1)急性期


シップや痛み止めなどの薬物療法、コルセットなどの装具で安静にします。そして痛みが軽くなれば運動療法を行います。
時間をかけてゆっくりと体を色々な方向に動かし体をほぐす。
痛みが出てくるなら中止する。

(2)激しい痛みは治まったが一定の動きでだけ痛みが出る時期


痛みが出ない方向での体幹の筋力トレーニングをする。
全て背筋を伸ばして軽い腹筋、背筋、スクワット。
心肺能を落とさないために痛みがなければ水泳や自転車こぎも効果的です。

(3)痛みが治まった時期


サッカーで使う筋肉を考えながらしっかりとトレーニングする。
軽いジョギングから、少しずつスピードを早くしたランニングをする。
また痛みが再発するなら前の段階に戻し、それでも回復が良くなければ整形外科などの病因で検査をした方が安全です。

またヘルニアでの腰の痛みを緩和するのに鍼灸や整体もおすすめです。硬くなった腰の筋肉を緩めることで血行が良くなり神経の圧迫も軽減されます。それだけでなく椎間板ヘルニアの原因になる横隔膜や内臓の位置以上骨の歪みを改善することで腰の痛みが克服できます。


ただ変に触ると悪化する可能性もあります。鍼灸院や整体院に治療可能か聞き周りの評判と照らし合わせて考えてみてください。
有効な椎間板ヘルニアでの腰痛緩和方法なので検討してみてください。

6.椎間板ヘルニアの予防


腰は体の角度によって負担がかかる割合が代わります。
負担の詳しい割合は腰痛の本当の原因に対する治療をご覧ください。


自分では綺麗な姿勢をしているつもりでも筋肉が縮んでいると猫背になっていたり腰がねじれている状態が通常の姿勢の人もいます。
通常でもそんな腰に負担がかかる姿勢でサッカーのような椎間板に負担がかかる事をしていたら痛めるのは当たり前です。
それを予防するためには硬くなった筋肉を緩める必要があります。その方法としてストレッチや体操が効果的です。


サッカーの腰痛に効果的なストレッチや体操は2つの腰痛の治し方と予防方法をご覧ください。

骨端症

1.骨端症(こったんしょう)とは
成長期に骨が成長する部分(骨橋の軟骨の部分)は通常の骨よりもろいため、激しい運動により筋肉に引っ張られて故障するものを言います。
2.骨端症の原因
中学から高校で骨盤に骨が成長する軟骨がでてきます。この軟骨部分は通常の骨に比べ弱いため、サッカーのような腰に激しい負担をかけ続けると弱い軟骨部分が傷つき腰に痛みが出ることがあります。
3.骨端症の予防
筋肉はゴムのようなもので伸び縮みができるのですが、骨盤に付く筋肉が硬くなると伸びることが難しくなり通常よりも負担がかかり骨端症の原因となってしまいます。 そのためストレッチや体操で硬くなった筋肉を緩めて骨端症を予防できます。 サッカーで使う背中や骨盤周りからの腰痛に効果的なストレッチや体操は2つの腰痛の治し方と予防方法をご覧ください。
4.骨端症の治療
骨がはがれたものは引っ付けることはできません。ですが鍼灸や整体で体を整えることで神経や血管の流れが良くなり痛みや疲労物質が流れ、腰の痛みの回復が早まります。 私の経験でも1か月かかると言われていた骨折が2習慣で治るように早くなります。 ただ骨折ですので変に触ると悪化する可能性もあります。鍼灸院や整体院に治療可能か聞き周りの評判と照らし合わせて考えてみてください。

原因の分からない腰痛

1.病因で分からない腰痛の原因がなぜわかる?
サッカーをハードに頑張っている人こそ腰に負担がかかります。前述してきたように骨や軟骨に異常があれば病院の検査で原因は分かります。しかし硬く縮んだ筋肉や骨の歪み、内臓の位置以上…これらによる膜のねじれや突っ張りは病院の検査ではわかりません。 ですが整体や鍼灸では体を直接さわって体の変化を検査していくので病院で分からない原因を発見することができます。
2.病因の検査で原因が分からない腰痛の原因
原因として筋膜に代表される膜がねじれたり突っ張ることにあります。それはサッカーのサッカーの練習のしすぎで筋肉が縮硬くなり、そこにまたハードな練習が重なり筋肉がさらに縮硬くなって神経や血管が圧迫され痛みやだるさがでることになります。
あとはタックルなどの接触による足首の捻挫により関節を構成している骨が歪んだりジュースなどの甘いものを飲みすぎて内臓の膜を固くしてしまい腰に負担が呵呵りやすくなり腰痛の原因となります。 詳しい腰痛の原因については腰痛の本当の原因に対する治療をご覧ください。
意外と多いのは甘いものの取りすぎによる内臓の膜からの腰の痛みとサッカー中のケガの影響が残って骨盤などが歪んだままになっていることです。
またむち打ちや捻挫など痛みが治まれば治ったと思いがちですが、痛みが治まってもケガした時の衝撃で歪んだ骨は歪んだままです。当然通常のバランスと違うので体を痛めやすくなります。 体への膜の影響の詳細は『プロも知らない?!痛みしびれなど体調不良の本当の原因』をご覧ください。
3.原因の分からない腰痛の予防
説明したように筋肉が硬くなったり骨が歪んだりで膜が緊張しています。今までと同じようにストレッチや体操をすることで腰痛は予防できます。








4.原因の分からない腰痛の治療
整形外科などの病院で原因が分からなければ鍼灸や整体で治療するのがおすすめです。それ以外でもまた椎間板ヘルニアや変形性腰椎症など骨や軟骨の病気にも腰の痛みを改善させることは高いです。
良い治療院を選ぶポイントはどれだけ体を検査しているかが大切です。
鍼灸なら筋肉の硬さはもちろん、手首の脈、お腹や舌の色、肌触りなど、整体なら筋肉、骨、内臓、神経、血管などの硬さや歪み、体の動きなどなど… または骨の歪みしかできない整体の場合は、鍼灸と整体を組み合わせて内臓の不調は鍼灸でカバーする方法もあります。 鍼灸では脈診という検査をしているところ、整体ではオステオパシーがおすすめです。


サッカーでの腰痛の意外な原因に対する治し方 まとめ


どの腰痛にしてもサッカーで負担がかかる前に筋肉が硬くなったり骨が歪んだりで体が緊張して余計に腰に負担がかかっています。
なのでサッカーをしている若い中学生や高校生でも腰痛は起こります。若い分無理をしてしまい余計に悪化したり取り返しのつかないことになってしまいます。早目の治療により未来あるサッカープレイヤーを救う事になるので親や感得コーチなどの大人が注意してあげることも大切です。


腰痛の治し方としてはストレッチや体操で自分でもできます。毎日丁寧にしていても腰の痛みが続くようなら病院で検査し原因がわからなければ口コミ評判の良い鍼灸や整体、マッサージに行きましょう。プロで長続きしている選手ほどケアはしっかりしています。
サッカーで腰痛に悩んでいる人は是非参考にしてみてください。


●●●人気ブログランキング参加中●●●←クリックしてもらえると泣いて喜びます◎


その他お問い合わせはお問い合わせフォームをご利用ください。


ご確認ください

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
当たるブログの記事内容やアドバイスは私の経験と知識をフル活用して、あなたのお悩みに役立てるよう考えています。ただし、診断や治療好意ではありません。記事やアドバイス内容は私個人の見解ですので、全ての方への有効性を保証するものではありません。
私の記事やアドバイス内容で被ったいかなる損害についても、私は一切の責任を負いかねますので自己責任で参考にしてください。
免責事項