カリスマ整体師が語る他にはない健康情報

他にはない健康な体の作り方!あなたのどこにいっても治らない不調の原因解決を20念以上の整体鍼灸マッサージ気功などの実戦経験から様々な角度でサポート東洋医学や西洋医学からの多彩な知識や技術からあなたを健康へ導く!

野球で腰が痛い原因に対する予防と治療


野球でのスポーツ障害は肩を痛めたり肘が痛い場合が多いと思われがちですが腰が痛いためにプレイに支障がでる場合も多くあります。


野球は日本において老若男女が楽しめアマからプロまで幅広くあるスポーツと言え、当然野球人口も多くそれに伴うスポーツ障害もたくさんあります。


例えば体が育ち切れていない中学生の野球選手は背骨が未成熟のため無理な練習で腰骨に負担がかかりすぎ腰椎分離症になり腰を痛める原因になります。
また体ができてくる高校生では椎間板ヘルニアによる腰痛などが出てきます。


体がしっかり鍛えられているプロ野球選手でも腰痛に悩んでおり、過去には元メジャーリーガーの上原浩治さん、城島健司さん、元阪神タイガース藤本敦士さん、元巨人の高橋由伸さんなどが腰痛に悩んでいました。


これらの野球による腰の痛みは選手生命にもかかわる大きな問題です。
何故なら野球の動作で、投げる、取る、打つ、走るなどは腰に常に大きな負担がかかるからです。
そのため腰が痛いために才能のある選手が夢をあきらめざる負えなくなったり、プロ野球選手でも腰痛のため引退を選ばないといけなくなることもあります。


中学生や高校生の球児はポジションを得るために無理をしがちです。若いうちは無理しがちですがコーチや感得が腰痛に対する知識を持ちサポートしてあげることで選手生命をなくすような腰の痛みを防ぐことができ選手の未来を救ってあげることができます。


また自分でも腰の状態を意識してケアするだけでも腰痛は予防でき、腰の状態を良好にすればパフォーマンスが向上することにもつながります。
野球による腰の痛みは少しでも注意することで予防できるんです。


ここでは野球による腰が痛い原因、それにあったストレッチや筋力とトレーニング、野球からくる腰痛の原因に合わせた治療などをご紹介します。


またスポーツからの腰痛はたくさんあります。


サッカーの腰痛についてはサッカーでの腰痛の意外な原因に対する治し方


ゴルフの腰痛についてはランニングによる腰痛の原因に特化した予防


ゴルフの腰痛についてはゴルフによる腰痛の4つの原因に特化した対策


テニスの腰痛については野球で腰が痛い原因に対する治療


ランニングによる腰痛については野球で腰が痛い原因に対する治療







野球での腰痛のメカニズム(仕組)


野球の動きで、投げる、取る、打つなど腰に大きく負担をかけますが、その負担がかかるメカニズムを説明します。

投げるときの腰への負担のメカニズム

ピッチャーの投げるときの腰への負担
ピッチャーは腰に負担がかかるのは説明するまでもないと思います。 特に重心が低く踏み込む幅が広い投げ方は、かまえてから腕を振りかぶって投げるまでの体幹の伸展が強く投げ切るときに軸足に体重が乗り切らず腰が後ろに残り背中から腰の筋肉を強く使う必要があり腰を痛める原因になってしまいます。
内野手の投げるときの腰への負担
内野では打球を処理するため左右に急激に体を移動しボールを補給するため上半身を前後に倒したり上下に動かしたり、投げるために腰から体をねじったりします。 なので運動軸としての腰への負担はかなり大きく腰痛の原因となりやすいです。
外野の投げるときの腰への負担
内野のポジションよりは前後左右の細かい動きはありませんが、遠くまで投げるために腰から背中にかけて大きな負担がかかり腰痛になります。

打つときの腰への負担のメカニズム


打つときに体の軸がしっかりしていないとテイクバックから振り切った時に必要以上に背骨がねじれ腰が反りかえるようになります。大振りして空振りしたら体が反りかえっている選手を見かけたことはあると思います。これは腰の骨や人体、椎間板などに大きく負担をかけることになります。

取るときの腰への負担のメカニズム


守備でのボールを取るときにも腰へ負担を掛けます。腰を真っすぐ落として捕球する場合はいいのですが、上半身を前に屈めて捕球しに行くと腰に大きく負担を掛けます。
これは昔理科家物理で習った視点力点作用点のかね合いですね。
詳しい姿勢での腰への負担の違いは腰痛の本当の原因と治し方の腰への姿勢での負担の違いの項目を参考にしてください。

野球での腰痛の原因

野球での腰痛の原因1 準備運動不足


準備体操は体を適度に動かして筋肉を使い血流を良くして筋肉を動きやすくする効果があるのですが、準備体操を軽く考えてプレイをすぐに始めてしまう人もいます。
普段の疲労がたまりやすい腰は硬くなっていて痛めやすい状態です。
その状態で一瞬の力がかかりやすく体への負担が大きい野球はすぐに動くと筋肉が運動の負荷についていけず腰を痛める原因になります。
あなたが準備体操が少なく普段から野球をして腰が痛いなら準備体操不足が腰痛の原因かもしれません。

野球腰痛の原因2 柔軟性がない


野球では打つ、投げる、取る、走ると常に腰の筋肉に負担がかかっています。
特に内野手は前傾姿勢になるので腰に負担がかかり筋肉が硬くなります。硬くなったままだと筋肉が伸びにくくなり強い動きをすることで痛めることになり腰痛の原因になります。
またバッティングで体を回転させるためには足首、膝、股関節、骨盤、背骨などそれぞれの関節がねじれないと最大限振り切ることができません。
ボールを打ち返すときに、腰は硬くなって回らないのに体の他の部分は通常通り開店しようとして力が分散できずに腰に負担がかかり痛めることになります。

野球腰痛の原因3 体が歪んでいる


野球に限らずどのスポーツでも聞き芦屋利き手というのがあるので、どうしても片側にばかりに負担がかかって筋肉が縮んでしまいます。すると片側の縮んだ筋肉が付く骨が引っ張られて歪みができることになり腰痛の原因になります。


また野球中の衝突や捻挫などで体に強い衝撃を受けることで腰回りが歪んでしまう事があります。ぶつかった時の影響で頭蓋骨が歪んで骨盤に影響が出たり、捻挫で足首をグネッとしたときに骨盤まで歪めてしまうことがあります。


体が歪むと通常左右に動くのが5と5で平均していたのが3と5になります。
野球ではバッティングや投球など腰を回転させる動きが多く、必死にプレイしていると力が入り3しか動かない腰に4や5の動きで負担をかけてしまうことがおおくなり腰痛の原因になります。

野球腰痛の原因4 内臓の疲れ


内臓の疲れからも野球での腰痛の原因になります。激しいポジション争いでストレスがかかり腎臓や肝臓に負担がかかったり甘いものの取りすぎで十二指腸や膵臓に負担がかかって腰痛の原因になったりしています。
ストレッチをしたりしても、1~2日ゆっくりしても腰の痛みが軽くならないなら内臓の疲れの可能性があります。
大きなストレスを感じて右側の腰が痛いと感じたら肝臓、腰が全体的に痛い場合はストレスからの副腎や胃、甘いものの取りすぎで膵臓が疲れて左側の腰に痛みが出ることもあります。

野球腰痛の原因5 自律神経の乱れ


学生デモプロ野球選手でもポジション争いは苛酷です。常に落とす顔とされるかでせめぎあった状態でプレッシャーを感じています。そんな大きなストtレスがたまってしまい自律神経が乱れ腰痛になってしまう場合があります。

野球での腰痛予防

野球での腰痛予防1 ウォーミングアップとクールダウン








野球の動きは腰に負担がかかりやすいです。運動する前に硬いままだと痛めやすいですし運動後に疲労が残り硬いままだと腰に痛みやだるさが出てきます。
ウォーミングアップとクールダウンをすることで筋肉が動き血流が良くなり硬さが取れ疲労物質も流れるので腰を痛めにくくなり腰の痛みやだるさも予防できます。
準備体操としては、様々な野球の動きを最初、軽めにして中程度、強めと段階を上げて、それぞれ左右10回ずつ師体をなじませておきましょう。

野球での腰痛予防2 筋肉を伸ばす


野球の動作は瞬発的に筋肉がちじみ硬くなってしまっている場合が多いです。筋肉が縮んだままだとパフォーマンスも落ち腰を痛める原因になります。
ストレッチをして腰などの硬くなった筋肉を伸ばすことで歪みも取れ体がスムーズに動きやすくなり腰に負担がかかりにくくなり腰痛の予防と改善の対策になります。ます。
またストレッチで体がスムーズに動くのでパフォーマンス向上を期待できます。

野球の腰痛のストレッチ方法


野球での腰痛予防と改善のために必要なストレッチは腰周辺に付く筋肉を伸ばすことが重要です。その腰痛ストレッチのやり方を説明します。

太もも前の筋肉のストレッチ
野球では太もも前の大腿四頭筋という筋肉は良く使われます。 この筋肉は骨盤を前に傾けたりねじったりと腰痛の原因にもなり野球に重要な腰の回転が悪くなります。しっかりストレッチしましょう。
内ももの筋肉をストレッチ
この筋肉が硬くなるとピッチングなどで足を大きく踏み込みにくくなります。骨盤を固定し足の動きが悪くなるのでストレッチしましょう。
お尻の筋肉を伸ばすストレッチ
お尻の筋肉は太ももの骨から骨盤にかけて付く大きな筋肉で、野球の動きでは硬くなりやすく腰痛の原因になりやすい筋肉です。 野球のどのポジションでもパフォーマンスに大きく影響するので伸ばしましょう。
腰、骨盤のねじれを強制するストレッチ
バッティングやピッチングなど野球は体をねじる必要があり腰骨、骨盤、股関節につく多くの筋肉が硬くなります。 このストレッチは体をねじる筋肉をストレッチでき腰痛予防や改善に効果的です。
体の側面をストレッチ
野球での打ち返すときに大切になる筋肉の1つです。骨盤から腕に付く大きな筋肉なので野球の腰痛の治し方には必ずストレッチしておきたい部分です、

野球での腰痛予防3 内臓の疲れを取る


内臓疲労からも腰痛が起こることもあります。
学生で多いのはジュースやお菓子などの甘いものの取りすぎで内臓が疲れ、肝臓なら右側の腰が痛い、膵臓iすいぞう)なら左側の腰が痛い、十二指腸なら腰全体的に痛むと言った腰痛が出ます。
大人の人ならアルコール、脂っこい食べ物を暴飲暴食して肝臓や胆嚢が疲れ右側の腰痛になったりするので、心当たりがあるなら控えてみましょう。
また精神的なストレスがかかっても様々な内臓が疲れる原因になる(東洋医学的には怒りは肝臓、胆嚢、喜びは小腸と心臓、思いは脾臓と胃、憂いは肺と台帳、「恐れは腎臓と暴行)ので、ストレスからとうざかったり、ゆっくり休んだり40分散歩(40分で幸福ホルモンといわれるセロトニンがでる)など工夫してリラックスしてみてください。


野球での腰痛の治し方として腰に負担をかける筋肉のストレッチをご紹介しました。これらの筋肉を伸ばすことで腰の痛みも改善し腰痛予防にもなり、さらに野球のパフォーマンス向上につながります。
しかし体は1枚の膜でつながっているため肘がねじれていても首が硬くなっていても
腰を痛める原因になります。また体を回転させるのも腰回りだけでなく足首、膝、骨盤首から腰の背骨が連動してねじれないと最適なパフォーマンスが発揮されません。
なので野球で腰を痛めないようにしパフォーマンス向上をしたいなら全身ストレッチおすすめします。
詳しいストレッチ方法は2つの腰痛の治し方と予防方法をご覧ください。

野球での腰痛予防4 ストレスを解消する


ポジション争いや人間関係などからのストレスによる自律神経の乱れはポジションを取られないよう実力をつける、人間関係を上手く流すなどしかないと思いがちです。ですが、自律神経をゆるめるとストレスに対しての抵抗力が強くなるんです。
なので腰痛予防3でも説明した40分の散歩や体を全身的にストレッチしたりして自律神経の乱れをリセットしてみてください。

治らない野球の腰痛のおすすめ治療


ここまで野球によっての腰痛の原因、おすすめのストレッチや予防方法をご紹介しました。
しかし極度のストレス、暴飲暴食による内臓の疲れ、事故やケガによる体の歪みなどは自分では改善は困難です。


自分で体操やストレッチをしても腰の痛みが治らないなら、このような理由があるかもしれません。
こんな時の腰痛の治し方は鍼灸、マッサージ、整体での治療です。
ストレスや内臓からの腰痛なら高いレベルの鍼灸や整体で対応できます。


またマッサージは腰痛改善はできないと書かれているのをみかけますがレベルの高いマッサージ師なら自分の気づかない筋疲労をみつけてもらうことができるので腰痛の治し方としてはおすすめです。


プロに治療してもらう事で自分の気づかない腰痛の原因が発見できることも多いです。
このように腰痛には様々な原因があり、原因に四って鍼灸、整体マッサージ、どれが腰の痛み改善に効果的鴨替わってきます。あなたの体の状態に合わせて治療を受けてみてください。


詳しい腰痛の原因やおすすめの施術は腰痛の本当の原因と治し方をご覧ください。

野球で腰が痛い原因への予防と治療 まとめ


野球由来の腰痛についてご紹介しました。あれだけ鍛えているプロ野球選手でも腰痛によって引退をしないといけなくなるぐらい深刻な病気にもなりえます。
ただ年齢を重ねても長く現役を続けられている選手は常に腰に限らず体のケアをしっかりしています。
あなたも腰痛にならないよう普段から体をケアし野球をケガなく続けましょう!

●●●人気ブログランキング参加中●●●←クリックしてもらえると泣いて喜びます◎


その他お問い合わせはお問い合わせフォームをご利用ください。


ご確認ください

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
当たるブログの記事内容やアドバイスは私の経験と知識をフル活用して、あなたのお悩みに役立てるよう考えています。ただし、診断や治療好意ではありません。記事やアドバイス内容は私個人の見解ですので、全ての方への有効性を保証するものではありません。
私の記事やアドバイス内容で被ったいかなる損害についても、私は一切の責任を負いかねますので自己責任で参考にしてください。
免責事項